腎臓内科

血尿・尿潜血

血尿は、尿に赤血球が混入した状態で肉眼的に見られる場合と検診や人間ドッグで尿潜血と指摘される場合があります。まずは、尿路悪性腫瘍がないかどうかを鑑別することが重要になります。そのための検査として尿検査、尿細胞診、超音波検査さらに静脈性尿路造影、膀胱内視鏡が必要になることもあります。また、蛋白尿を伴う場合は糸球体性疾患も疑われるので血液検査を施行します。悪性腫瘍の頻度は少ないですが、続く場合は定期的に検査を受ける必要があります。

主な疾患

  • 糸球体病変
  • 尿路上皮癌
  • 腎癌
  • 前立腺癌
  • 尿路結石
  • 膀胱炎
  • 前立腺肥大症
  • 腎動静脈奇形
  • 腎嚢胞など

蛋白尿

蛋白尿は病気でなくとも尿中に出現することがあります。運動、発熱後やストレスなどでも一過性に出現することがありますが、持続するときや試験紙で2+以上の場合は腎臓の糸球体や尿細管の障害が考えられるので精密検査を受けることをお勧めします。

高血圧症・糖尿病・高脂血症

これら生活習慣病の進展は、将来重篤な合併症を生じないためにも適切な管理をする必要があります。当院においても診断、治療、管理を行っています。症状がないからと考えず、生活習慣の改善も含めて皆様の個々のライフステージに合わせた治療を一緒に考えましょう。

医療法人社団イーハトーブ
はせがわクリニック
泌尿器科・腎臓内科・内科・外科

TEL.03-5732-5222

〒146-0083 東京都大田区千鳥2-27-22

アクセスMAP
ドクターズファイル
いしゃまち
ネット予約はこちらから